忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/13 04:42 】 |
不倫萌え

 娼婦が低俗な商売だ、とか言ったのは誰だ。
 どうせ、ろくでもない男が言い出したに違いない。女の気持ちを分かろうともしない、仕事ばっかりしてて、酒ばっかり飲んでるような、そんな男。
 娼婦は商売だ。全くもって、立派で、器用な。

 そして、今の私よりも、多分、まともだ。
 お金をもらっているのだから。

 そうだ。
 いっそ、好きでもない男だったら良かったのに。

「お腹すいた」
「ラーメンでも食う?」
「……それ、奥さんにお土産でしょう」
「別にいいよ。
 しょうゆと塩、どっちがいい?」

 好きすぎて、好きすぎて、お金ももらえない。

 こんな、悪趣味な、極彩色な、ラブホテルの中で。

 何やってるんだろう、私は。


「どうした?」

 それでも。
 こうやって髪を、顔を、その手で触れられると。

 どうしようもなく、幸福になれる。

拍手[0回]

PR
【2012/11/11 14:08 】 | 散文(短編) | 有り難いご意見(0)
<<リュミヌーの言いたい事がわかった | ホーム | ストーリーテラー>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>