忍者ブログ
  • 2018.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/10/23 19:52 】 |
或る女性の手記

 1月25日(金曜)
最近、目の端に影が見える。
これって飛蚊症?ってやつかな?
悪化したら病院に行こう。


 2月22日(金曜)
まだ何か見える。
別に日常生活に支障はないけど。


 3月16日(土曜)
体調は悪くない。生理も予定日通り来てる。
気にしすぎかも。


 4月24日(水曜)
最近暗闇が恐い。
寝る時に電気を消せない。


 5月30日(木曜)
さっき、手が見えた。クローゼットから。
なにあれ。


 6月5日(水曜)
目をつぶると、時々何か見える。
映画の予告編みたいなやつ。
あれはなんだろう。こわい。


 9月3日(火曜)
わかってしまった。
どうしよう。


 9月28日(土曜)
夢に、はっきり日付まで見えた。


 10月10日(木曜)
明日。こわい。本当にこわい。
みんな、どうか、私のこと忘れないで


拍手[0回]

PR
【2013/02/27 22:30 】 | 散文(短編) | 有り難いご意見(0)
葉脈
   ~Aくんの告白 


 僕には好きな人がいます。

 毎日8時23分に、地下鉄入り口前ですれ違う女の子です。

 多分、僕と同い年くらいです。
 とてもかわいらしい子なんです。

 でも、それだけじゃなくて。

 その子、必ず地下鉄入り口の横のお店のショーウィンドウを見るんです。

 そのお店っていうのが、テディベアとか、バラの造花とか、デコレーションされたキャンドルとか、とにかくかわいい、女の子らしい小物を飾っているんです。

 いつも、いつも、彼女、そこを見るから。

 欲しいものがあるのかな、とか、そういうものが好きなんだろうな、とか思って。

 それで、気付いたんです、僕。
 彼女、いつもそこを見て、それからにっこり笑うんです。

 きっと、自分の好きなものを見て、元気な気持ちになって、それから学校か職場に行くんだろうな、って思ったら。
 そういうの、いいな、って思ったら。

 好きになっていたんです。

拍手[0回]

【2013/02/08 15:53 】 | 散文(短編) | 有り難いご意見(0)
スバセカ


「……この世に、こんな奇跡があるんだ…」
「あら、莫迦ねぇ」



「この世には
 奇跡しかないのよ」



拍手[0回]

【2013/01/01 20:10 】 | 散文(短編) | 有り難いご意見(0)
ピルグリム
私の好きなバンドの新しいCDを聴いて、わーっとなって書いたもの。
タイトルは巡礼者なのに、どうして十字軍になったんだ自分。








拍手[0回]

【2012/12/12 23:14 】 | 散文(短編) | 有り難いご意見(0)
不倫萌え

 娼婦が低俗な商売だ、とか言ったのは誰だ。
 どうせ、ろくでもない男が言い出したに違いない。女の気持ちを分かろうともしない、仕事ばっかりしてて、酒ばっかり飲んでるような、そんな男。
 娼婦は商売だ。全くもって、立派で、器用な。

 そして、今の私よりも、多分、まともだ。
 お金をもらっているのだから。

 そうだ。
 いっそ、好きでもない男だったら良かったのに。

「お腹すいた」
「ラーメンでも食う?」
「……それ、奥さんにお土産でしょう」
「別にいいよ。
 しょうゆと塩、どっちがいい?」

 好きすぎて、好きすぎて、お金ももらえない。

 こんな、悪趣味な、極彩色な、ラブホテルの中で。

 何やってるんだろう、私は。


「どうした?」

 それでも。
 こうやって髪を、顔を、その手で触れられると。

 どうしようもなく、幸福になれる。

拍手[0回]

【2012/11/11 14:08 】 | 散文(短編) | 有り難いご意見(0)
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>